post image

偶然な話・・・

 先日から習い始めた、”この道を行けば”という曲は 指揮者の川村先生の知り合いで小松道俊先生(故人)という 諏訪のお医者様が作詞したもので、遺族が自費出版された 童話”コロボックルの笛”の中に収録されています 私の義母(元団員)は、私たちがそんな曲に取り組んでいる事は知らず たまたま何かの情報誌かなにかでこの本が紹介されているのを 目にして興味を持ち、問い合わせていて偶然にその童話の本を 取り寄せてい...

post image

キララ合唱団 第6回演奏会

 今日は、キララ合唱団第6回演奏会を たまたま、知り合いからチケットを譲り受け 聴きに行きました   指揮は、ずっとキララ合唱団を指導している山神健志先生 ソプラノは、3度目の共演の橋本美季さん バスは、名古屋からいらしてくれた森雅史さんでした  1部は、信長貴富編曲の混声合唱とピアノのための「赤い鳥小鳥」でした 今後の参考に聴きたかった合唱曲でした いい曲でしたが、私たちのような小人数合唱団には...

post image

2/16

  2/16  練習 今日は、風邪を引いていた方も久しぶりに出て来られ ALL出席でした! これから、秋川流域合唱祭に向け選曲をしますが 先生方としては、先週から練習している ”この道を行けば” と ”海のディヴェルティメント” から1曲選ぼうと思っているそうです 川村先生はむかし、”この道を行けば” の曲の初お披露目の際 作曲者を呼んで聴かせてあげられなかった~! 作詞の先生の未亡人に聴かせてあげたい~...

post image

あらためて反省・・・

 今日は、昨年行われた ”コーラス・カフェ” イベントの DVDとCDをあらためて聴きました 私は、満員でしたのでほとんど外にいましたので 会場内のわからなかった部分を見ることができ やっと反省にいたりました  ん~・・・ 自分たちの歌は、やはりキララホールのように響かないからか 粗い感じが出てました やはりソプラノが高い音がしっかり出てなく困ったものです  反省点はいっぱいありますが 想定外もあっ...

post image

諏訪の赤ひげ先生!

  昨日紹介しました曲、”この道を行けば”作詞の医師小松道俊先生の 絵本について、長野日報の記事を見つけたので見てください! ”諏訪の赤ひげ”と呼ばれていた凄い先生だそうです! メルヘンでロマンティックな絵と詩です    https://news.goo.ne.jp/article/naganonp/region/naganonp-43161.html この道を行けば              作詞:小松道俊 作曲:遠藤雅夫   さわやかな 雨のぬくもり  雲の...

post image

2/2 練習

 2/2 練習 先週、先生が紹介した”この道を行けば”という楽譜を 持ってきてくれました 昔お世話になった諏訪市のお医者さんが作詞なのですが その方は、絵も上手で趣味で描かれてたようで "コロボックルの笛” という遺族が自費出版した絵本の中に入っていました 早口になる所はありますが そんなに複雑な曲ではなく曲は短いので すぐ音取りも終わりました 6月の秋川流域合唱祭に出したいそうです そして、Y...

ほんとはメゾソプラノ
Page top